ワット・プラケオと王宮は豪華絢爛!定番だけど必見|タイ バンコク

ワット・プラケオ

エメラルド寺院として知られるワット・プラケオと王宮に行ってまいりました。ワット・ポーワット・アルンも近くにあり、三点セットで観光するのが定番。またバックパッカーの聖地、カオサンロードも近く徒歩で約20分ほどで行けます。

アクセス

1.電車のみ

ワット・プラケオから一番近い駅は地下鉄(MRT)のフワランポーン駅ですが、約4キロほど離れているので電車だけでは行くのが難しいでしょう。電車で行く場合はフワランポーン駅からタクシーもしくはトゥクトゥクで移動することになると思います。ただ、カオサンロードに行ったときの経験だと、フワランポーン駅周辺でタクシーがなかなか捕まらない。全てのタクシーに乗車を断られ結局はバスで移動しました。

2.電車+チャオプラヤーエクスプレス

個人的にはこちらのほうがオススメ。まずバンコク・スカイトレイン(BTS)シーロム線のサパーンタークシン駅まで行きます。サートンという船着き場からチャオプラヤー・エクスプレス(チャオプラヤー川の高速ボート)に乗船。ター・ティアンで降りればワット・プラケオやワット・ポーのあるエリアです。

地下鉄(MRT)で行く場合はまずフワランポーン駅で下車。マリンデパートとい船着き場まで約15分ほど歩き、そこからター・ティアンまでチャオプラヤー・エクスプレスで行けます。

チャオプラヤー・エクスプレスはなぜだか乗っているだけで普通に楽しいので2をプッシュいたします。

ワット・プラケオの入場料は500バーツ

外国人のワット・プラケオの入場料はなんと500バーツ(約1650〜1750円)。単純に金額だけを比較しても法隆寺(1500円)よりも高いです。物価の違いを考えるとさらに高額でしょう。タイ人は無料です。しかしそれでもタイに来たらワット・プラケオは行くべきであると僕は思います。ちなみにワット・プラケオの営業時間は8:30〜15:30まで。割りと早く閉まるので、500バーツを有効に使うためにも早い時間に行きましょう。

01入場料

これはタイのお寺ではどこもそうなんですが、露出の多い格好は厳禁。特に女性の場合は注意が必要ですね。男性はTシャツにジーパンとかなら普通に大丈夫です。

02服装

いざワット・プラケオ

500バーツを払ったら一目散に見学しに行きましょう。

03入口

境内に入った瞬間から凄い。

04入口正面

まるで別世界です。

05入口付近から

入口付近のヤックがあります。ヤックは鬼神でありタイでは守り神のような存在。よくお寺の門などを守っています。こちらのヤックはスワンナプーム国際空港で見たヤックと同じくらいの大きさがあるんではないでしょうか。空港以外で見たヤックの中ではぶっちぎりの大きさを誇っています。

06ヤック

プラ・シー・ラタナー・チェディ

この黄金に輝チェディ(仏塔)はプラ・シー・ラタナー・チェディ。

07プラ シー ラタナー チェディ

ラーマ4世がアユタヤのワット・プラシーサンペットを模して造られたといわれています。

08プラ シー ラタナー チェディ

プラ・モンドップ

プラ・シー・ラタナー・チェディの隣にあるこちらも黄金のプラ・モンドップ。

09プラ モンドップ

モンドップとは仏像を安置するいわば仏堂。

10プラ モンドップ

ですがこちらのプラ・モンドップには法典が納められているそうです。

11プラ モンドップ

アンコール・ワットの模型

プラ・シー・ラタナー・チェディやプラ・モンドップがあったエリアから左手奥くらいにあるアンコール・ワットの模型。タイの建築物はこのアンコール・ワットに代表されるクメール文化の影響を受けているそうです。これはアンコール・ワットにも行ってこの目で確かめねば。

12アンコール ワットの模型

ウィハーン・ヨート

こちらの白地に緑系の装飾があしらってるお堂はウィハーン・ヨート。

13ウィハーン ヨート

お堂は仏塔をいただいてます。そしてその仏塔は独創的。

14ウィハーン ヨート

ウィハーン・ヨートはちょっと変わった鳥のような神様(?)に守られていました。

15ウィハーン ヨート

ホー・プラ・モンティエン・タム

この建物はホー・プラ・モンティエン・タム。

16ホー プラ モンティエン タム

王族の方専用の図書館だそうです。さすがに王族ともなると図書館も豪華ですね。

17ホー プラ モンティエン タム

  • スポット名
    ワット・プラケオ 王宮
  • 料金
    500バーツ
  • 住所
    วัดพระศรีรัตนศาสดาราม วัดพระแก้ว
  • วัดพระศรีรัตนศาสดาราม วัดพระแก้ว
  • 営業時間
    8:30〜15:30
  • 休業日
    無休
  • 駐車場

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
No.2
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.3
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
No.4
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック