タイ・スワンナプーム国際空港 SIMの購入とバンコクへのアクセス

スワンナプーム国際空港に到着

パスポートと航空券の名前が違ったりして色々と心配したものの、無事にスワンナプーム国際空港に到着。入国審査などがめっちゃ混んでいたので、とても時間がかかりました。

空港外1

タイは国王様への信仰が厚い国であり、空港には国王様のお写真がたくさんあります。
※当時(2015年12月)は前国王様のご在位中。

空港外2

SIMカードの購入

もはや海外旅行に欠かせない存在となっているスマートフォン。日本のキャリアの通信は使えない(使えても高額)ので、できればSIMフリーのスマートフォンを用意していきたいところです。到着ロビー(2階)にはSIMカードを扱っているショップがあるので、私はここでSIMカードを購入しました。

SIMカードを扱っているショップは3つあり、こちらの赤いショップはTrueというキャリア。

True move

私が店頭で見つけられたプランは”7日間・1.5GB・無料通話100バーツ 299バーツ”。

True moveプラン

こちらの緑のショップはAIS。

AIS

私が確認できたプランは”7日間・1.5GB・無料通話50バーツ”、10日間・1.5GB・無料通話100バーツ”、30日間・4.5GB・無料通話50バーツ”、”30日間・12GB・無料通話100バーツ”。お値段は分かりませんでした。

AISプラン

そしてこちらの青いショップはdtac。

dtac

プランは”7日間・1.5GB・無料通話50バーツ 299バーツ”、10日間・2.5GB・無料通話95バーツ 449バーツ”、15日間・4GB・無料通話100バーツ 599バーツ”、”30日間・4.5GB・無料通話85バーツ 549バーツ”、”30日間・9GB・無料通話65バーツ 849バーツ”、”30日間・12GB・無料通話160バーツ 1,049バーツ”。

dtacプラン

私は4週間(28日)滞在の予定でしたので、datcで”30日間・4.5GB・無料通話85バーツ”プランのSIMを購入。マップや検索など普通に使いましたが、少し余るくらいでした。個人的には容量を気にせずに使えるちょうどいいプランだったと思います。タイ人の知り合いと電話もしたので無料通話分も助かりました。

※プランは2015年12月当時のものです。たぶん変わっていると思います。

タイを感じられる出発ロビー

出発ロビーにはヤックの像がありました。ヤックは鬼神でタイでは守り神という存在。空港をまもってらっしゃるんですね。

出発ロビーの像1

ヤックにはいくつかのバリエーションがあります。

出発ロビーの像2

出発ロビーの像3

出発ロビーの像4

この他にも何体かヤックがいらっしゃいました。

出発ロビーの像5

こちらもタイらしいモニュメント。花も鮮やかです。

出発ロビー2

タイ国際航空のチェックインカウンター。オシャレですね。

出発ロビー1

建物内にも国王様のお写真がありました。

出発ロビー3

出発ロビー4

ショップ街

日本でもおなじみの飲食店もたくさんあります。

レストラン1

日本食と思われるお店もけっこう見かけました。

レストラン2

もちろんコンビニもあります。

セブンイレブン

スワンナプーム国際空港からバンコク市内へのアクセス

スワンナプーム国際空港はバンコクの中心から30キロほど離れており、歩いて行ける距離ではありません。もちろんタクシーもありますが空港からはエアポートリンクという高速鉄道が出ており、そちらのほうが安く移動できます。今回、私はこのエアポートリンクでバンコク市内へ向かいました。エアポートリンクの乗り場は地下にあります。

エアポートレールリンク案内

地下へ行くと案内が出ていました。英語もタイ語もほとんど話せない僕でも、そんなに迷わなかったので分かりやすいと思います。

エアポートリンクへ

エアポートリンク

エアポートリンクの時刻表。シンプルでいいですね。

SA City Line時刻表

こちらはチケットの販売機。エアポートリンクに乗るにはこちらの機械にお金を入れてチケットを購入します。写真ではパネルが光って見えませが、路線図と料金が表示されていて、目的の駅をタッチすればチケットを購入できます。

SA City Lineチケット販売機

こちらがチケット。これを改札でピッとして通ります。肝心の電車の写真を撮り忘れたのですが、きれいな車両でした。

SA City Lineチケット

地下鉄(MRT)へ乗り換え

私の場合はエアポートリンク終点の2つ前の駅、ペチャブリー駅で地下鉄(MRT)へ乗り換え。バンコク市内にはこの地下鉄(MRT)とスカイトレイン(BTS)という電車が走っており、乗りこなすことができればすごく便利です。私はバンコク滞在時にかなりお世話になりました。

マッカサン駅で地下鉄へ乗り換え

この日は土曜日。ペチャブリー駅の近くではなにかイベントが開催されているようでした。

マッカサン駅付近のバザー

地下鉄(MRT)

地下鉄(MRT)の駅の様子。とてもシンプルでどこの駅もこのような雰囲気でした。

地下鉄の駅の様子

ちゃんと駅名標もあるので、そんなに迷うことはないと思います。地下鉄(MRT)で宿の最寄り駅まで乗って行き、後は徒歩で無事に宿にたどり着くことができました。

地下鉄駅名標

日本にいる時はビビっていて、空港からタクシーで行こうと考えていたのですが、自分が思っていたよりも分かりやすかったです。(自己責任ですが)もしこれからバンコクに行かれる方で時間に余裕があれば、電車を使ってバンコク市内へ行ってみてはいかがでしょう。

出国時のコンコース

話が帰国時に飛んでしまいますがせっくなのでご紹介。こちらは出国審査を通過すると見ることができるモニュメント。

出発ロビーのモニュメント1

タイの神話をもとに作られているそうです。

空港内のモニュメント2

空港内のモニュメント3

免税店

免税店もかなりの数がありました。

免税店1

誰もが知っている有名ブランドのお店もあり、出国前の買い物には困らないでしょう。

免税店3

免税店2

  • スポット名
    スワンナプーム国際空港
  • 住所
    スワンナプーム国際空港
  • スワンナプーム国際空港
  • 電話番号
    66 2 132 1888

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
No.2
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.3
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
No.4
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック