ワット・ポーは巨大涅槃像だけじゃない大寺院|タイ バンコク

ワット・ポー

巨大な涅槃像があることで有名なワット・ポーに行ってまいりました。ワット・プラケオワット・アルンも近くにあり、三点セットで観光するのが定番。またバックパッカーの聖地、カオサンロードも近く徒歩で約25分ほどで行けます。ワット・ポーの拝観料は300バーツ(約330〜350円ほど)。ワット・プラケオの500バーツに比べればリーズナブルですね。

アクセス

1.電車のみ

ワット・プラケオから一番近い駅は地下鉄(MRT)のフワランポーン駅。駅からは徒歩で約40分ほどかかるので、観光をすることを考えるならフワランポーン駅からタクシーもしくはトゥクトゥクで移動するほうがいいでしょう。ただ、前にカオサンロードに行ったときにはフワランポーン駅周辺でタクシーが捕まりませんでした。なぜか全てのタクシーに乗車を断られる。結局はバスで移動しました。

2.電車+チャオプラヤーエクスプレス

個人的にはこちらのほうがオススメ。バンコク・スカイトレイン(BTS)シーロム線のサパーンタークシン駅で下車します。近くにサートンという船着き場があるので、そこからチャオプラヤー・エクスプレス(チャオプラヤー川の高速ボート)に乗船。ター・ティアンで降りればワット・プラケオやワット・ポーはすぐそこです。

地下鉄(MRT)で行く場合はまずフワランポーン駅で下車。約15分ほど歩あるくとマリンデパートとい船着き場があるので、そこからチャオプラヤー・エクスプレスでター・ティアンまで行けばいいです。

なぜか分からないんですが、チャオプラヤー川をボートに乗って移動するだけで普通に楽しいです。

バンコクで最も古い寺院

ワット・ポーはバンコク最古といわれている寺院。正式名称はワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム=ラーチャウォーラマハーウィハーン。名前が長ければ長いほどありがたいと聞いたような気がします。だからタイやバンコクの正式名称も長いんですかね。

01涅槃仏殿1

涅槃像

涅槃仏殿への門。門番は中国風の像が立っています。

02涅槃仏殿門番

そしてこちらが涅槃仏殿。

03涅槃仏殿2

巨大な涅槃像が安置されているだけあって大きいです。

04涅槃仏殿3

この涅槃仏殿も涅槃像だけじゃない。

05涅槃仏殿内1

壁には絵がビッシリと描かれています。

06涅槃仏殿内2

いや〜これだけでも凄い。

07涅槃仏殿内3

涅槃像の周囲にあった小さな涅槃像。金箔が貼ってあります。

08涅槃仏殿内仏像1

仏坐像もありました。

09涅槃仏殿内仏像2

そしてタイの定番神様、プラ・サンガッジャーイ。ここにもいらっしゃいました。プラ・サンガッジャーイは日本でいうところの恵比寿様のような神様です。

10涅槃仏殿内仏像3

巨大な涅槃像

こちらが有名な涅槃像。

11涅槃像1

お顔だけでも相当な大きさです。

12涅槃像2

その長さは約46メートル。

13涅槃像3

14涅槃像4

涅槃像が大きいので枕も当然デカい。実際に見るととても迫力がありました。

15涅槃像5

ワット・ポーは涅槃像だけじゃない

僕はワット・ポー=涅槃像しかイメージがなかったんですが、それ以外にも色々な建物があります。

16ワット ポー内の様子1

涅槃仏殿だけがポンとあるのかと思ってましたが全然そんなことない。いい意味で予想を裏切られました。

17ワット ポー内の様子2

十字型で上の仏塔がかっこいお堂。

18お堂

タイで最初の大学

ラーマ3世の時代に当時のタイの学術・知識をワット・ポーに集結したといわれていて、実質的にタイで最初の大学といわれています。

19マッサージの図解1

こちらのお堂にはその学術や知識を分かりやすく解説した絵が描かれていました。そういった歴史があるので、ワット・ポーの敷地内にはワット・ポー伝統医学校があり、タイ式マッサージなどを学ぶことができます。

20マッサージの図解2

四色の仏塔

四色の仏塔の入口。ここの門の前にも中国風の像があります。

21四色の仏塔入口

この仏塔はラーマ1世〜4世の王の象徴で、それぞれ王の遺骨が納められているそう。

22四色の仏塔1

それぞれ色あいが異なりとても綺麗です。

23四色の仏塔2

模様がめちゃくちゃ細かい。

24四色の仏塔3

ワット・プラケオもそうですが、タイの装飾はすごいですね。

25四色の仏塔4

ちなみにこの四仏塔の向かいにワット・ポーの本堂があります。

26四色の仏塔から見た本堂1

小さな仏塔

四仏塔の周りには小さな仏塔もありました。

27小さな仏塔1

小ぶりではありますが、こちらもきれいに細工が施してあります。

28小さな仏塔2

本堂前のお堂

本堂の前にあるお堂。

29本堂前のお堂1

中にはナーガにお座りの仏像がお祀りしてありました。

30本堂前のお堂2

本堂の回廊

壁越しに見えるのがワット・ポーの本堂。

31本堂1

本堂は回廊に囲まれていて、その回廊には金の仏像が並んでいます。

32本堂回廊1

33本堂回廊2

これだけ仏像が並んでいると壮観ですね。

34本堂回廊3

ワット・ポーの本堂

そしてこちらがワット・ポーの本堂になります。

35本堂2

36本堂3

パッと見た感じ派手ではないですが、やっぱり装飾は豪勢です。

37本堂4

本堂の中に祀られているご本尊。黄金色に輝いてらっしゃいまいした。

38本堂5

バンコク観光の定番であるワット・ポー。ワット・プラケオと同様に今回の旅行では見送ろうかと思っていたんですが、有名所だけあって見どころは多い。やっぱり来ておいて良かったと思います。バンコクの中心からアクセスがいい訳ではないですが近隣にも観光名所が多いので、タイに来たら一度は来たいお寺ですね。

  • スポット名
    ワット・ポー(ワット・プラチェートゥポンウィモンマンカラーラーム=ラーチャウォーラマハーウィハーン)
  • 料金
    100バーツ
  • 住所
    2 Sanamchai Road, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Krung Thep Maha Nakhon 10200 タイ
  • 2 Sanamchai Road, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Krung Thep Maha Nakhon 10200 タイ
  • 営業時間
    8:30~18:30

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
No.2
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.3
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
No.4
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック