巨大プラーンがそびえるワット・プラ・ラーム|タイ アユタヤ歴史公園

巨大なプラーンが目をひくワット・プラ・ラーム

アユタヤ歴史公園にあり、ワット・マハタートの西側に位置し、ワット・プラシーサンペットからも近いワット・プラ・ラーム。

アクセス

アユタヤの中心地からは少し距離があります。もちろんトゥクトゥク(三輪タクシー)でもいいですが、安く済ませたいならレンタサイクルがおすすめ。レンタサイクルは街の中にいくつかあるので見つけられるでしょう。僕が経験したかぎりではタイの道は段差やデコボコが多く自転車には向いてないのですが、このアユタヤ歴史公園付近はまだ道が整っていると思います。

受付

まずはこちらで受付をします。入場料は一人50バーツ。

01受付

こちらの門が入口。門からして趣があります。

02入口

僧坊

入って真正面にあるのが僧坊の跡。そしてその後ろにはもろこし型の仏塔、プラーンがそびえます。

03僧房とメインプラーン

僧坊には2つ並んで仏像が安置されていたようですが、片方は全くお姿が見えませんでした。

04僧房

僧坊から見た巨大プラーン。寺院の中央にどっしりとそびえ立っています。

05メインプラーン正面

巨大プラーンの周囲

巨大なメインプラーンの周囲にも仏塔や建物が点在していました。こちらはチェディ(仏塔)の跡でしょうか。

06周囲の仏塔

上部まで形が残っているもの、残っていないもの様々です。

07周囲の仏塔

上部がなくなってしまったチェディ。下の方はきれいに残っています。

08周囲の仏塔

こちらも上部がないチェディ。

09周囲の仏塔

10周囲の仏塔

小ぶりながらも比較的よく残っているチェディ。

11周囲の仏塔

メインのプラーン以外にもたくさんの仏塔があったようです。

12周囲の仏塔

こちらは礼拝堂の跡でしょうか。中央の奥には祭壇のようなものがあります。

13周囲の礼拝堂

ここも礼拝堂跡でしょう。

14周囲の礼拝堂

右手から見たメインプラーン

入口から向かって右手方向から見たメインのプラーン。

15メインプラーン

16メインプラーン

後方の僧坊

入口の反対側にある建物跡。こちらも僧坊ということです。正面にあった僧坊よりも規模が大きい感じがする。

17僧房

壁もある程度の高さまで残ってました。

18僧房

メインプラーン後方の建物群

メインプラーンの後方にも建物がたくさんあります。壁が残っている礼拝堂。

19周囲のお堂

中には祭壇のようなものがありました。

20周囲のお堂

メインプラーン後方のプラーン。

21周囲の仏塔

比較的よく形が残っているように思います。

22周囲の仏塔

回廊

メインプラーンの四方は回廊で囲まれていたようで、その跡も残っていました。

23回廊

回廊のつなぎ目。

24回廊

回廊の基壇にはズラリと仏像が並べられていたようです。

25回廊

アユタヤ朝はビルマ(ミャンマー)の侵攻を受けて滅びてしまった王朝。アユタヤの仏像の頭には金が貼ってあったそう。そのためビルマ軍が仏頭を持ち去ってしまったことから、アユタヤ遺跡の仏像はこのようなお姿になってしまわれました。

26回廊

27回廊

すごい数の仏像が並んでいます。当時はすごい景観だったでしょうね。

28回廊

29回廊

30回廊

  • スポット名
    ワット・プラ・ラーム
  • 料金
    50バーツ
  • 住所
    ワット・プラ・ラーム Ayutthaya
  • ワット・プラ・ラーム Ayutthaya
  • 営業時間
    8:00〜18:00

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
No.2
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.3
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
No.4
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック