大寺院!ワット・マハタート|タイ アユタヤ歴史公園

仏頭で有名なワット・マハタート

木の根に埋まってしまった仏頭が有名なワット・マハタートに行ってまいりました。ワット・ラーチャブラナの隣りにある遺跡です。スコータイ歴史公園にもワット・マハタートという寺院のお寺があり、それだけその地域では重要なお寺ということでしょう。

アクセス

ワット・マハタートはアユタヤの中心地からも近く歩いて行ける距離です。ただし他の遺跡も回る予定でしたら自転車がおすすめ。アユタヤの遺跡は規模が大きいものが多いからです。レンタサイクルは街中にいくつかあるのですぐに見つけられるでしょう。

受付

まずはこちらで受付です。入場料は一人50バーツ。

01受付

入口付近の様子。この時点で規模の大きさを感じることができます。

02入口付近から

八角形のパゴダ

こちらのパゴダは八角形だそう。パゴダはミャンマー式の仏塔の総称です。僕が今まで見てきた仏塔とは一線を画したお姿。かっこいいです。

03八角形パゴダ

礼拝堂跡からみた八角形パゴダ。

04八角形パゴダの前の仏像跡

木の根に埋まってしまった仏頭

そしてこちらがかの有名な木の根に埋まってしまった仏頭。わりと入口から近くにあります。

07仏頭

アユタヤ朝はビルマ(現在のミャンマー)に攻められて滅びてしまったわけですが、その際にビルマ軍が建物や仏像を徹底的に破壊。その時に放置された仏頭が木の根に取り込まれ、今のようなお姿になったということです。

08仏頭

石畳

これは何の跡かは分かりませんが、石畳のようなものがありました。

06石畳

仏塔や礼拝堂も多数

敷地内には仏塔や礼拝堂の跡もたくさんあります。こちらはもろこし型の仏塔、プラーン。

05仏塔

礼拝堂の後ろにひかえるプラーン。

09仏堂

ほとんどの仏像が破壊される中、この礼拝堂の大仏様はそのお姿を留められていますね。

10仏堂

こちらもおそらく礼拝堂の跡。

11礼拝堂

けっこうな大きさの建物だったようです。

12仏堂

こちらも基壇が高く立派な建物だったんでしょう。

17礼拝堂

隅のほうにあった礼拝堂の跡。

18隅の礼拝堂

大きな礼拝堂

こちらはかなり大きな礼拝堂の跡。基壇の高さからいっても相当な建物だったんでしょう。

13礼拝堂 Royal Sermon Hall RoyalまたはVihara

壁や柱も少しだけ残っていました。

14礼拝堂 Royal Sermon Hall RoyalまたはVihara

これは祭壇の跡でしょうか。

15礼拝堂 Royal Sermon Hall RoyalまたはVihara

以前は回廊もあったようです。

16礼拝堂 Royal Sermon Hall RoyalまたはVihara から

少しひらけた場所

建物が密集しているエリアを先に進むと少しひらけた場所に出ました。

19チェディ

ここはチェディや建物跡が点在しています。

20右側の礼拝堂

  • スポット名
    ワット・マハタート
  • 料金
    50バーツ
  • 住所
    ワット・プラ・マハータート Ayutthaya
  • ワット・プラ・マハータート Ayutthaya
  • 営業時間
    8:00〜18:00
  • 休業日
    無休

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
No.2
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.3
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
No.4
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック