活気があるスコータイの夜|タイ

Ramkamhaeng沿い

スコータイの遺跡があるのは旧市街(オールドシティ)で、私が宿泊していたTRゲストハウスがあるのは新市街(ニューシティ)という地域。夜にその新市街を散策してみました。

01スコータイの夜

メインの大通りである国道12号線から入ったRamkamhaeng(ラムカムヘン大王にちなんだ通り名?)という通り沿いのお店。

02スコータイの夜

この店舗型の飲食店はJ.Rレストランというそうで、このあたりでは大型な食べ物屋さんだと思います。

03スコータイの夜

J.Rレストラン脇のソイ(通り)。屋台もたくさん出ています。

04スコータイの夜

メイン通りの国道12号線

国道12号線沿いに出ている屋台。

05スコータイの夜

19時ごろなので周囲も明るくにぎやかです。

06スコータイの夜

国道12号線沿いにもところどころに屋台がありました。

07スコータイの夜

08スコータイの夜

こちらは果物を扱う屋台。

09スコータイの夜

国道12号線とヨム川が交わる所の川のほとりにある公園では、地元の方が体操をやっていました。インストラクターのような方が大音量の音楽に乗せて大声で何か言っています。何の音かと思っていたら体操でした。日本だったら騒音問題などで難しいでしょうね。

10スコータイの夜

ナイトマーケット

空も暗くなってきたところで再びRamkamhaeng方面へ。その辺を歩いているとナイトマーケットの看板を発見。

16スコータイの夜

Ramkamhaengは実はナイトマーケットの場所だったんですね。先程よりも屋台が増えたように思います。

11スコータイの夜

J.Rレストラン脇の屋台。営業を続けています。

12スコータイの夜

J.Rレストランもにぎわってきました。

13スコータイの夜

J.Rレストラン向かいの建物の店舗も営業しているようです。

15スコータイの夜

J.Rレストランから国道12号線方面を見たところ。写真左にある建物は公衆トイレ。トイレが有料なタイでは貴重なトイレだと思います。

14スコータイの夜

Rat Uthit沿い

Ramkamhaengから国道12号線を挟んで向かいのRat Uthit。こちらも屋台でにぎわってます。

17スコータイの夜

このあたりもナイトマーケットなのかもしれないです。

19スコータイの夜

Rat Uthitの屋台はお寺の塀に沿って出ているようで、こちらはたぶんお寺の敷地内。ここにもお店があります。

18スコータイの夜

国道12号線沿いの飲食屋台街

国道12号線沿いにもたくさんの屋台が出てました。

20スコータイの夜

屋台はヨム川に架かる橋のたもとからRamkamhaengとRat Uthitが交わる交差点くらいにまで続いています。

21スコータイの夜

大きい通りの沿いというだけあってこちらもにぎやか。バイクの路上駐車は当たり前です。

22スコータイの夜

このあたりには椅子やテーブルが置いてある飲食スペースがあるので、そこで食事をしている方も多く見かけました。

23スコータイの夜

色々な食べ物が売ってあります。

24スコータイの夜

活気があって歩いているだけでも楽しい。

25スコータイの夜

日本ではこんなにたくさんの屋台は見たことがないので、なんかお祭りみたいな気分です。もちろん屋台で食事もしたので、別の記事でまとめたいと思います。

26スコータイの夜

※マップが曖昧になっている場合があります。ご了承ください。

  • スポット名
    スコータイ ナイトマーケット
  • 住所
    36 Prasertpong, Tambon Thani, Amphoe Mueang Sukhothai, Chang Wat Sukhothai 64000 タイ
  • 36 Prasertpong, Tambon Thani, Amphoe Mueang Sukhothai, Chang Wat Sukhothai 64000 タイ

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
No.2
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.3
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
No.4
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック