スコータイでクイティアオをススる|タイ

R.Jレストラン小道向かいの店舗

スコータイ・新市街(ニューシティ)のメインの通りである国道12号線から入ったRamkamhaengという通り。その通り沿いにある店舗にススりに行ってまいりました。J.Rレストランという大型店の小道向かいにあるお店です。

01外観

インスタントでしょうか、店頭には麺がディスプレイしてありました。

02外観

店内

入口に扉などはないので店内は開放的。テーブル席が左右に並んでいます。

03店内

空調はないんですが、天井ではシーリングファンが回っていました。

04店内

煮込み中のスープ。麺のディスプレイの脇でお店の方が調理されています。

05店内

メニュー

メニューはタイ語のみ。よく分からないので指差しでたぶんクイティアオ(40バーツ:約120〜135円ほど)を注文。

06メニュー

卓上

卓上にはソースが何種類か用意してあります。

07調味料

氷たっぷりのお水も出していただけました。

08コップ

クイティアオ

こちらがたぶんクイティアオ。緑の野菜がのっていて彩りがいいです。

09クイティアオ

スープ自体はあっさりとした口当たりで、ほのかに甘みがある。おそらくコショウがふってあり、それ由来でスパイシーさもあります。またピリ辛でもあるので、唐辛子っぽいものも振りかけてあるのでしょう。

10クイティアオ

麺はインスタントもの。日本のインスタント麺よりも水分は少なめのように感じます。クイティアオの麺にも種類はいくつかあるようですが、たぶんこちらは小麦を使ったバミーといわれる物でしょう。

11クイティアオ

丸っこい団子は魚のすり身かなにかでしょうか。プリッとした食感が良かったです。

12クイティアオ

骨付きの豚肉。食べにくそうだなと思いましたがなんのその。とても柔らかくて、すぐに身がとれます。ほぐれる系の柔らかさとほんのり甘めの味付けで、クオリティは高いですね。

14クイティアオ

他に骨付きではないお肉もありました。

13クイティアオ

スコータイでは夜は屋台がたくさん出ますが、昼間は営業してないようです。店舗型のお店はお昼も営業されているので、観光客の自分としてはありがたい存在でした。

※マップが曖昧になっている場合があります。ご了承ください。

  • スポット名
    クイティアオの店(屋号不明)
  • 住所
    36 Prasertpong, Tambon Thani, Amphoe Mueang Sukhothai, Chang Wat Sukhothai 64000 タイ
  • 36 Prasertpong, Tambon Thani, Amphoe Mueang Sukhothai, Chang Wat Sukhothai 64000 タイ

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
No.2
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.3
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
No.4
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック