木造復元天守!白石城と旧小関家の武家屋敷|宮城県白石市

伊達家中 片倉家の居城だった白石城

宮城県白石市にある白石城(しろいしじょう)に行ってまいりました。白石城はもともと伊達領でしたが、一時は蒲生家、上杉家が城主となっていた時期もあります。関ヶ原の戦い直前に伊達領となり、伊達政宗の側近である片倉小十郎景綱が城主として入城。以来、明治維新まで片倉家の居城となりました。また幕末の戊辰戦争時には、奥羽列藩同盟が白石城で結ばれるなど歴史的にも重要なお城です。

01白壁

白石城は1874年(明治7年)に破却されましたが、1995年(平成7年)に天守(三階櫓)と大手一ノ門、大手ニノ門が木造で忠実に再現されました。現在、日本のお城で現存する天守はわずかに12。木造復元された天守は6つしかなく、大変貴重なものになります。

02天守閣

こちらは天守の下にあった井戸(復元)。

03井戸屋形

まずは大手一ノ門を通ります。

04大手一ノ御門

そのさきには大手ニノ門。一ノ門、ニノ門とも貴重な建物です。

05大手ニノ御門

大手ニノ門をくぐると本丸跡。こちらは本丸御殿があった場所のようです。

06本丸御殿跡

こちらは本丸井戸。

07本丸井戸

そして鐘楼です。

08鐘堂

現在、本丸跡はきれいに整備されていました。

09本丸御殿跡

天守

それではいよいよ天守へと向かいます。

10天守閣

こちらは天守一階の様子。

11天守閣一階

16天守閣一階

この通路は武者走りといって、有事の際には甲冑をまとって武器をもった武士が走り回る所です。

12天守閣一階武者走り

武者走りの天井。

13天守閣一階武者走り上

この小さな窓は狭間。飛び道具で敵を攻撃するためのもので、矢狭間や鉄砲狭間、箱狭間などいくつかの種類があります。

14狭間

こちらは石落し。その名の通り石を落とす防御設備。有事の際は板をあけて石を落として敵を攻撃します。

15石落とし

ここは付け櫓。脇にある出入口になります。

17付け櫓

中央の広間には着物も展示してありました。

18試着

記念撮影用の陣羽織。

19試着

そして広間の中央には甲冑。かっこいいですね。

20鎧

階段は右側通行。

21天守閣一階階段

二階も基本的には一階と同じ造りです。

22天守閣二階

中央に広間があり、それを囲むように武者走りがあります。

23天守閣二階武者走り

24天守閣二階武者走り

25天守閣二階武者走り上

一階よりも広間の部分が狭くなっていますね。

26天守閣二階

27天守閣二階

それではいよいよ最上階の三階へ。

28天守閣二階階段

  • スポット名
    白石城
  • 料金
    一般400円 小中高校生200円
  • 住所
    宮城県白石市益岡町1−16
  • 宮城県白石市益岡町1−16
  • 電話番号
    0224-24-3030
  • 営業時間
    9:00~17:00(4~10月)9:00~16:00( 11月~3月 )
  • 休業日
    12月28日~12月31日
  • 駐車場
    付近に駐車場有り

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
大相撲九州場所のチケット・座席・会場・現地での楽しみ方情報まとめ
大相撲九州場所のチケット・座席・会場・現地での楽しみ方情報まとめ
No.2
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
No.3
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.4
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック