エレファント・キャンプも近いクンペーン・レジデンス|タイ アユタヤ

クンペーン・レジデンス

タイの昔の家屋を再現したクンペーン・レジデンスに行ってまいりました。

アクセス


アユタヤ歴史公園ないにありますが、アユタヤの中心地からは離れています。レンタサイクルでも行けますが道が自転車向きではない場所もありますので、心配なかたは少し高くてもトゥクトゥクが無難でしょう。アユタヤ観光の定番であるワット・プラシーサンペットウィハーン・プラ・モンコン・ボピット、エレファント・キャンプからも近く、そういった意味ではアクセスはいいです。

01橋

タイの昔の家屋を再現

タイの昔の家屋を再現したというクンペーン・レジデンス。

02外観

高床式の家できれいに整備されていました。

03外観

タイ語は読めないですが、たぶん土足厳禁ということだと思います。

04注意書き

入口から入ってすぐの部屋。何やら器が置いてありました。

05内観

こちらは廊下です。

18内観

部屋への入口があったので入ってみました。

07内観

こちらはこじんまりとした部屋です。

08内観

どなかたか分かりませんが写真や調度品が飾ってありました。

09内観

こちらは廊下のすみです。

10内観

中央の部屋は広くて開放的。

11内観

いちおう戸で仕切ることもできるようですが、タイは温暖多湿なので基本的には開け放ってるんでしょう。

12内観

構造としては中央の大きな部屋を廊下がコの字に囲みます。

13内観

14内観

15内観

19内観

17内観

中にも廊下のような空間があり中央を四方に囲む。

16内観

そしてその中央だけが一段高くなっていて座ったりする場所のようです。

20内観

こちらはベランダでしょうか。もしかしたらこっちが正面の入口だったのかもしれないです。

22ベランダ

やはりタイは暑いので涼しく過ごすための工夫がされている家でした。家の中や外に人は多かったですが、どうも観光の方より地元の方が多いよう。地元の方々の交流や休憩の場となっているようでした。

23外観

エレファント・キャンプ

たまたまですがエレファント・キャンプも通ったので、乗ってはないですがちょっと象さんを見てきました。当然といえば当然かもしれないですが象がたくさんいます。

01エレファント キャンプ

草を食べる象。

03エレファント キャンプ

こちらは小象。かわいいですね。

02エレファント キャンプ

シャワー中でした。

04エレファント キャンプ

またこの近辺では街中を歩いている象も見れます。また来ることができれば乗ってみたいと思いました。

05エレファント キャンプ

  • スポット名
    クンペーン・レジデンス
  • 料金
    無料
  • 住所
    Kum Khun Phaan
  • Kum Khun Phaan

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
No.2
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.3
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
No.4
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック