本堂の細工が見事なワット・プラサート|タイ チェンマイ

ワット・プラシンのそばにあるワット・プラサート

チェンマイで最も格式高いワット・プラシンのすぐそばにあるワット・プラサートに行ってまいりました。

アクセス

ワット・プラサートはチェンマイ旧市街にあり、西門にあたるスアンドーク門から徒歩で約5分ほどの場所にありアクセスはグッド。僕が見た限りですがソンテウ(乗り合いタクシー)で直接来る人はいなさそうです。スアンドーク門やワット・プラシンまでソンテウで行き、その後は徒歩というのもいいのではないでしょうか。

狛犬さんがお出迎え

入口では狛犬さんがお出迎えです。

01入口

入口から左手にあるのは僧坊でしょう。

02僧坊

白い仏塔

入口の近くにある白い仏塔。おそらミャンマー式の仏塔、パゴダではないでしょうか。

03仏塔

高さこそそこまでないものの、どっしりとした安定感のあるパゴダですね。

04仏塔

パゴダには仏像が祀られていました。

05仏塔の仏像

渋い本堂

そしてパゴダのすぐ隣にあるこちらが本堂でしょう。

06本堂

タイのお寺でよくある派手さはないですが、精巧な細工がびっしりとほどこされていて均整のとれた美しさです。

07本堂

入口はナーガが守ってらっしゃいました。ナーガはヘビの神様でタイではよく見かけます。

08ナーガ様

本堂内は質素ながらもどこか荘厳な雰囲気。

09本堂内

ご本尊を祀ってあるところの細工がまた見事。しかもかなりの年代物に見えますね。

10ご本尊

仏堂

本堂の向かいにある仏堂。上には鐘もあります。

11仏堂

中には仏立像や偉いお坊さんの像が安置してありました。

12仏堂

仏堂の隣にある小ぶりながらも豪華なお堂。こちらも偉いお坊さんの像でしょうか。お堂の前には虎が控えていて珍しいです。

13銅像

もう一つのパゴダ

奥にはもう一つのパゴダがありました。こちらは上部が金色です。

14仏塔

おそらくこれもミャンマー式の仏塔、パゴダでしょう。

15仏塔

女神 プラ・メートラニー

パゴダの前には濡れた髪の女神、プラ・メートラニー。濡れた髪を絞ってらっしゃいます。僕が今まで見てきたプラ・メートラニーはカラフルなものが多かったので、全身が金色のプラ・メートラニーは珍しいと思います。

16プラ メートラニー

礼拝堂

パゴダの隣には礼拝堂。こちらは豪華な装飾が施してあります。

17礼拝堂

ナーガも金色。扉が閉まっていて中には入れませんでした。

18礼拝堂

菩提樹

菩提樹の前にはお坊さんの像が安置してあります。

19木

その他のお堂

菩提樹の近くにあった円形のお堂。どういった役割の建物なんでしょうか。

20祠

隅のほうにあるこじんまりとしたお堂。仏像が祀ってあるようです。

21祠

ワット・プラサートはワット・プラシンの近くにありますが、観光客と思われる人はほとんど見かけませんでした。静かにゆっくりと見学することができます。本堂やパゴダも見応えがあるので時間があればワット・プラシンのついででも参拝されてはいかがでしょうか。

  • スポット名
    ワット・プラサート
  • 料金
    参拝無料
  • 住所
    Wat Prasat Chiang Mai
  • Wat Prasat Chiang Mai
  • 営業時間
    5:00〜20:00

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
No.2
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.3
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
No.4
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック