唯一現存する江戸時代の役所!高山陣屋|岐阜県高山市

江戸時代の郡代役所だった高山陣屋

岐阜県高山市にある高山陣屋に行ってまいりました。入口となる表門は天保3年(1832年)に建てられたものです。

01入口

1692年(元禄5年)から明治維新まで江戸幕府の直轄領であった高山。その177年のあいだに25代の郡代が江戸から派遣され、ここで政務を行っていました。つまりここは郡代の役所だったのです。

02玄関

こちらが玄関之間。1816年(文化13年)に改築された当時のままということです。10万石格をあらわす2畳半の大床があり、青海波模様となっています。

03玄関之間

26畳の広さがある御役所。郡代が執務をする場所で、役所の中枢となります。

04御役所

御役所の隣にある御用場。35畳の広さがあり、地元の役人が勤務する部屋ということです。

05御用場

御役所と御用場の前にある土間。

06土間

御用場の右手にある帳綴場。幕府に提出する文書などを作成する部屋です。

07帳綴場

玄関からみて帳綴場の手前にある寺院詰所。宗門改め(江戸幕府による宗教政策)のために必要に応じて僧侶などが詰めていた部屋です。

08寺院詰所

その手前にある町年寄詰所。この部屋には御役所の仕事を手助けするために町年寄が詰めていました。後ろに扉がありますが、これは身分が違うため出入り口が違うためです。

09町年寄詰所

さらにその手前にある町組頭詰所。町年寄詰所と同じく町組頭が詰めていた部屋です。

10町組頭詰所

帳綴場の右隣にある湯呑所。いわゆる休憩所です。

11湯呑所

湯呑所の隅にある勝手。お湯を入れる場所です。

12勝手

湯呑所の奥にある書役部屋。その名の通りですが、書役が書類を作成した場所です。

13書役部屋

近くにあった風呂場。現場の地元の役人などが汗や汚れを落としていました。

14風呂場

そしてこちらは便所になります。

15便所

ここは渡り廊下。

16渡り廊下

その先には座敷がありました。お客様を接待する部屋です。

17座敷

左隣には居間。こちらは休憩するための場所となっています。

18居間

居間には床の間もありました。

19居間

囲炉裏がきってあり、砂は波状になっています。

20居間

こちらはそのそばにある便所。

21便所

庭には雪が積もっていました。

22庭

廊下も畳敷き。さすが幕府の関連施設ですね。

23通路

ここは中丿口。役宅への出入り口です。

24中ノ口

その隣にある用人部屋。役宅の受付窓口です。役宅には勝手に出入りができないということですね。

25用人部屋

こちらは御奥(おんおく)。

26御奥

手前の部屋には長持ちが置いてありました。衣類や寝具の収納に使用されます。太い棹(さお)を通して2人で担ぎ、持ち運ぶことが可能。

27長持

御奥は別名、扇面の間といわれ奥方の部屋になります。

28御奥

こちらは次の間。お客さんの控え室です。

29次の間

そしてその奥が御居間。嵐山の間ともいわれ、郡代の生活の場所でした。

30御居間

  • スポット名
    高山陣屋
  • 料金
    420円
  • 住所
    岐阜県高山市八軒町1-5
  • 岐阜県高山市八軒町1-5
  • 電話番号
    0577-32-0643
  • 営業時間
    (3~7月・9~10月)8:45~17:00(8月)8:45~18:00(11~2月)8:45~16:30
  • 休業日
    12/29, 12/31, 1/1
  • 駐車場
    近隣に有料駐車場が有り

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
せきとり本店|新潟県新潟市|半身から揚げカレー味
せきとり本店|新潟県新潟市|半身から揚げカレー味
No.2
リーズナブルな食事処!心鮮|愛媛県松山市
リーズナブルな食事処!心鮮|愛媛県松山市
No.3
散策!夜の根室の街|北海道根室市
散策!夜の根室の街|北海道根室市
No.4
大相撲九州場所のチケット・座席・会場・現地での楽しみ方情報まとめ
大相撲九州場所のチケット・座席・会場・現地での楽しみ方情報まとめ

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック