BigCのフードコートで手軽に本格タイ料理|タイ バンコク

タイの大手スーパーBig C

タイの大手スーパーマーケットであるBig C。タイではよく見かけるお店です。こちらのフードコートがお手軽に食事を楽しめるということで行ってまいりました。

BigC外観

お店の外にはそのフードコートの案内が出ています。

BigCフードコード案内

Big Cのフードコート

フードコートエリアの入口には看板が出ていました。

BigCフードコード1

まずこちらの受付100バーツを支払いカードを受け取ります。カードには100バーツがチャージされており、その分のフードの注文が可能。いわゆるプリペイドカード方式ですね。ちなみにカードを返却すれば使いきれなかった分は返金してもらえます。

BigCフードコード2

今回、私はこちらのお店でカオマンガイ(50バーツ)を注文しました。当時のレートがたしか1バーツ3.2円ほどだったので、約160円くらいですね。安い。

BigCフードコード4

食器類はフードコート内に置いてるので、そちらから持ってきます。

BigCフードコード3

カオマンガイ

こちらがカオマンガイ。日本語でいうと蒸し鶏ごはんということです。タイでは一般的な料理で、日本人の好みにも合っているそう。そのため日本人観光客にも人気があるそうです。

カオマンガイ1

私が注文したのはパソムといって、蒸した鶏と揚げた鶏のミックス。両方の味が楽しめるお得な一品です。

カオマンガイ2

ご飯はほんのりと味付けがしてあり、程よいポロポロ感。

カオマンガイ3

蒸された鶏肉はさっぱりとしています。

カオマンガイ4

揚げられた鶏肉は塩気もきいていてしっかりとした味付け。

カオマンガイ6

後から知ったのですが、このプルンとしたものはルアッ・ムーといって豚の血を固めたものだそうです。においも味もほとんどないのでクセもない。タレをつけていただくのでしょう。

カオマンガイ7

一緒に付いてくるサルサソースは最初少し甘く、後から辛さが広がってくる。そしてコクがありました。

カオマンガイ8

もう一つの醤油風のソースはスパイシーでパンチがあります。ナンプラーベースなんでしょうか、日本の醤油とはひと味違った風味でした。

カオマンガイ9

スープの口当たりはさっぱりしていますが、徐々にスパイシーさが増してきます。コンソメのような味わいがベースにありました。

スープ

フードコートのそばにあったお店でまんじゅうを購入

フードコートのすぐそばにあったこちらのお店。店員さんが素敵な笑顔をふりまいてくださったので買ってみました。おまんじゅう2つで44バーツ。

フードコートそばの店

おまんじゅうもすぐにフードコートで開封。

まんじゅう1

こちらのまんじゅうには肉団子のような物がゴロッと入っています。弾力があり手では割れませんでした。スパイシーでパンチのある味わいです。

まんじゅう3

もう一方のこちらの中身は少し立っているカスタードのよう。ちょっと粒があるような感じです。卵のみたいな風味が濃厚。それでいてサッパリといただける。ちょうどいいデザートになりました。

まんじゅう2

BigCのフードコートが記念すべきタイに着いてから初めての食事。店舗にもよると思いますが、フードコートはおおむね20時ごろまで開いているそうです。私はスワンナプーム国際空港で時間をとってしまい、宿に着くのが遅くなった為まだ営業していて助かりました。営業時間も長くお手軽にタイ料理を味わえるので、とても便利なお店だと思います。

  • スポット名
    Big C フードコート
  • 営業時間
    おおむね11:00〜20:00くらい

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
No.2
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.3
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
No.4
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック