タイシルクの父 ジムトンプソンの家|タイ バンコク

タイシルクを世に広めたジム・トンプソン

アメリカ人であるジム・トンプソンはもともと建築家として働いていました。第二次世界大戦でヨーロッパに出征し、その後タイに赴任。終戦後はタイに永住してシルクに出会い、タイシルクを世に広めた人物です。ちなみに奥さんはアメリカに残り一人で生活されていました。後に一緒に暮らすことなりましたがタイに来る前に病気で亡くなったそうです。ジム・トンプソンは1967年の休暇中にマレーシアのキャメロン高原で謎の失踪を遂げました。現在もその真相は分からないままです。

アクセス

バンコクスカイトレイン(BTS)のナショナルスタジアム駅から徒歩で10分弱とアクセスは抜群。大きい通りには案内板も出てますので分かりやすいと思います。

01標識

レストランやショップも併設

02入口

まずはこちらで受付をします。入場料は150バーツ(約460〜480円ほど)とタイにしては少しお高め。

03受付

ジム・トンプソンの家はレストランも併設。僕は食事をしてないのですが、主に欧米系の方々でにぎわってました。

04レストラン

タイシルクのショップもあります。

05ショップ

ショップの前ではきれいなお姉さんがシルクを織っていました。

06機織り

タイシルクの見本。

07糸

敷地内は緑がいっぱいです。

08家の入口

こちらのお姉さん方はガイドさん。そう、ジム・トンプソンの家ではガイドさんに案内してもらえるのです。ありがたいですね。

09ガイドさん

ガイドの受付は料理人の家にあります。

10ガイド受付 料理人の家

この日僕は15:30頃に行ったので、ガイドの開始は15:55でした。

11ガイドの時間

ガイドの受付の横の建物。

12料理人の家

13料理人の家

ジム・トンプソンの家は昔の建築法を使って復元されたもの。建築家だったジム・トンプソンのアイデアが活かされている家ということです。例えば窓。家の窓の形は台形ですが、そのほうが強度があがるとのことです。

14ジム トンプソンの家

緑がいっぱいの庭

ジム・トンプソンの家の庭は緑がいっぱい。

15庭の入口

とても明るい雰囲気です。

16庭

花も咲いたりしてました。

17庭

庭から見たジム・トンプソンの家の一階部分。

18ジム トンプソンの家

19ジム トンプソンの家

庭には池もありました。

20庭

庭師の家

こちらは庭師の家。

21庭師の家

中には絵画や書物などが展示してあります。

22庭師の家

23庭師の家

使用人の家

こちらは使用人の家。

24使用人の家

雇っている人も同じ敷地に住んでたんですね。それぞれ独立した建物があるなんて、さすがはタイシルクの王の家。

25使用人の家

こちらには仏像や容器などが展示してありました。

26使用人の家

27使用人の家

  • スポット名
    ジムトンプソンの家
  • 料金
    150バーツ
  • 住所
    พระราม 1 Khwaeng Wang Mai, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330 タイ
  • พระราม 1 Khwaeng Wang Mai, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330 タイ
  • 営業時間
    9:00〜18:00
  • 休業日
    無休

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
No.2
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.3
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
No.4
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック