来客用なのに大豪邸!旧石田理吉邸|秋田県横手市増田

来客用の三階建て大豪邸 旧石田理吉邸

秋田県横手市増田にある旧石田理吉邸に行ってまいりました。1819年(文政2年)に本家の石田久兵衛家から分家し、戦前までは醸造業、戦後は病院を開業した家柄。ご主人は石巻の病院の院長さんということです。三階建てのこちらの建物、実は来客用。維持が大変ということもあって横手市に寄付されました。雨漏りなどもあったため、横手市で修復をして公開されています。増田で公開されている家屋で唯一人が住んでいない旧石田理吉邸。婦人会の方がボランティアで案内してくださいます。この日はたまたま佐藤又六家の奥様がいらっしゃってました。

01外観

内蔵一階

こちらは内蔵。内蔵は1881年(明治14年)に5代のご主人によって建てられました。

02内藏外観

そしてこちらが入口になります。扉も重厚な造りですね。

03内藏の扉

これは四段蛇腹といって明治の蔵の特徴です。

04内藏の扉

上には家紋が描かれていました。丸に違いヒイラギという形で、本家とは重なりが逆だそう。本家と分家の違いを明確にすることが目的だそうです。

05内藏の家紋

一階は蔵座敷。当主の生活の場として使われることが多いようです。

06内藏

床もいい材木を使われているんでしょうね。

07内藏

右手には箪笥や屏風が展示してありました。

08内藏

家具も趣がありますね。

09内藏

そしてこちらが蔵座敷。

10内藏

蔵座敷の奥にも入口があります。

11内藏

お座敷には琴や屏風が展示してありました。

12内藏

欄間は桐を使用。

13内藏

絵柄は松竹梅、たけのこ、月に叢(くさむら)雪ということです。

14内藏

床は紫檀(シタン)、黒檀(コクタン)、鉄刀木(タガヤサン)などを使用。この3つは唐木3大銘木だそうです。

15内藏

紫檀は仏壇や仏具、床柱のよく使用されます。黒檀は重くて堅く、木目はほどんど見えません。

17内藏

鉄刀木は重くて堅く比重が重いので水に沈みます。まるで鉄の刀のようだということで鉄刀木という字があてられました。

16内藏

内蔵二階

こちらは内蔵の二階。役割は文庫蔵ということです。

18内藏

階段もしっかりとした造りですね。

19内藏

扉もあります。

21内藏

梁は樹齢5〜600年の杉で、重ね梁です。棟木に付いているのは「はま矢」。わらしは鼻緒を切ってあり、歩く必要はない、職人の修理はいらないという自信の現れだそうです。

20内藏

石田家から寄贈された物を展示してありました。

22内藏

主屋一階

こちらが主屋の一階です。置いてあるテーブルは欅(ケヤキ)の板でかなり重いそう。

23主屋一階

ふすまはどこかかわいい作りです。

24主屋一階

床の間の床柱は石楠花(シャクナゲ)。台湾のものだそうです。

25主屋一階

床の間は部屋を広く見せるために、わずかに弧を描いているとのこと。これは言われないと分かりませんね。言われても微妙にしか分からないくらい繊細です。

26主屋一階

この虎の絵は酒田(山形)は本間家お抱えの絵師の作。昔の人は実際に虎を見たことがなかった為、想像で描いています。そのためネコに似ているということです。ちなみに本間家は酒田の豪商で、「本間様には及びもせぬが、せめてなりたや殿様に」といわれたほど。実際、本間家があった庄内藩よりもお財力があったそうで、日本一の大地主ともいわれました。

27主屋一階

天井は大和張りという張り方。杉目がきれいに見えるそうです。

28主屋一階

欄間の絵柄は凝ってました。

29主屋一階

こちら側の欄間はたぶん高級木材の黒柿。

30主屋一階

廊下は欅(ケヤキ)の板です。

31主屋一階

お座敷の隣の部屋。たぶんお茶の間でしょう。畳からして茶の湯が沸かせるようになっていると思われます。

32主屋一階

主屋二階

こちらは主屋二階の廊下。手前が和室、奥が洋間なんですが、この廊下も和室の前と洋間の前で区別されており、手すりが和木と竹になっているそうです。

33主屋二階

廊下の天井も違いました。(写真は手前が洋間で、奥が和室)

43主屋二階

和室に飾ってあるこけしの材料は槐(エンジュ)の木。延寿という漢字があてられていて、縁起のいい木材です。

34主屋二階

ちなみに和室と洋室では欄間、壁、すふま、そして屋根まで明確に区別されています。

35主屋二階

欄間とか壁、ふすまに関しては見比べれば、その違いがすぐに分かるでしょう。

37主屋二階

そしてこちらは洋間です。後ろに飾ってある絵画は館岡栗山。昭和に活躍した日本画家です。

36主屋二階

富士山は刑部人(おさかべ じん)。昭和に活躍した洋画家です。

38主屋二階

ソファーの後ろにはカメの剥製がありました。

39主屋二階

この洋間の見どころはなんといっても折り上げ天井。

40主屋二階

排気口も備えています。

41主屋二階

非常に手の込んだつくりでした。

42主屋二階

主屋三階

こちらは主屋の三階の廊下です。廊下には梨の木を使用。以前は窓から増田の花火大会が綺麗に見えたそうです。

44主屋三階

三階は大広間になっています。

45主屋三階

かなりの広さですね。

47主屋三階

48主屋三階

床の間もありました。

49主屋三階

三階の天井には松の木を使用されているそうです。

46主屋三階

旧石田理吉邸は前庭の木造三階建て。増田の街では特殊な配置だそうです。三階建ての家屋は現在でも珍しく、主屋は1939年(昭和12年)の建造ということでかなり希少。戦前には一時期、藤田嗣治、(三階に飾ってあった絵画の)館岡栗山など著名な画家が逗留されてこともあるそうです。とても立派な建物で、非常に見応えがありました。

51外観

  • スポット名
    旧石田理吉邸
  • 料金
    300円
  • 住所
    秋田県横手市増田町増田字中町103
  • 秋田県横手市増田町増田字中町103
  • 営業時間
    9:00~16:00
  • 休業日
    月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日) 12/29〜1/3
  • 駐車場
    無料駐車場有り

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
大相撲九州場所のチケット・座席・会場・現地での楽しみ方情報まとめ
大相撲九州場所のチケット・座席・会場・現地での楽しみ方情報まとめ
No.2
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
No.3
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.4
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック