金の池に浮かぶワット トラパン トーン|タイ スコータイ歴史公園

金の池に浮かぶワット・トラパン・トーン

世界遺産にも登録されている遺跡を見にやってきたスコータイ歴史公園。まずはその東側にあったワット・トラパン・トーン(Wat Traphang Thong)に行ってまいりました。

01橋

ワット・トラパン・トーンがあるのは「金の池」といわれる池にある小島。「銀の池」の小島にあるワット・トラパン・グーンと対になっているそう。小島にあるため橋を渡って向かいます。

04橋

橋から金の池を眺めたところ。対岸には見えるのはラームカムヘン国立博物館。

03橋からの眺め

本堂

ワット・トラパン・トーンはスコータイ歴史公園にギリギリ含まれていないようです。そのためか無料での見学が可能。こちらがたぶんワット・トラパン・トーンの本堂です。比較的新しそうですね。

05本堂

本堂にあった純白の仏像。あくまで自分の経験上ですが、タイで白の仏像は珍しいと思います。

06本堂外の仏像

本堂の周辺

本堂の近くにあった鐘。こちらも新しそうです。

07鐘

こちらの仏像は青銅でしょうか。

08仏像

壊れてしまったのか上部のない石塔の跡。何があったのか分かりませんが、儚いですね。

09石塔

こちらは白い仏様の立像。優しいお顔です。

10仏像

チェディ

本堂の裏手に堂々とそびえるチェディ(仏塔)。こちらは歴史を感じさせます。スコータイ朝当時の物なのでしょうか。渋くてかっこいいです。

11チェディ

礼拝堂

チェディの後ろにある礼拝堂。四方に屋根がせり出ていて、独特の形をしています。

12お堂

正面には仏像が祀られていました。

13お堂の仏像

本堂とチェディ、礼拝堂は一直線に配置されています。

14チェディ

東側の橋

橋は東側からもかけれていました。橋の向こうに見えるのは礼拝堂です。

15橋

対岸より

対岸から見た金の池に浮かぶ小島。チェディの大きさが分かりますね。

16対岸から

ラームカムヘン国立博物館

ワット・トラパン・トーンの西側にあるラームカムヘン国立博物館。

17ラームカムヘーン国立博物館

スコータイやシーサッチャナーライで発掘された遺物が展示されているそうです。今回は時間の都合で残念ながら見学できませんでした。時間があれば見てみたかったです。

18ラームカムヘーン国立博物館

スコータイ歴史公園敷地内

ラームカムヘン国立博物館からさらに西に進むと歩道や休憩所などが整備された一画に出ます。この辺りはスコータイ歴史公園の敷地内なのでしょう。

19スコータイ歴史公園休憩所

休憩所だけでなくトイレもありました。

20スコータイ歴史公園休憩所

いよいよこれからスコータイ歴史公園内の遺跡を見学します。

※マップが曖昧になっている場合があります。ご了承ください。

  • スポット名
    ワット トラパン トーン
  • 料金
    無料
  • 住所
    Wat Traphang Thong Sukhothai
  • Wat Traphang Thong Sukhothai

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
No.2
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.3
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
No.4
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック