ワット シー チュムのアッチャナ仏は必見|タイ スコータイ歴史公園

スコータイ歴史公園にあり城壁外の北側に位置するワット・シー・チュム(Wat Si Chum)に行ってまいりました。ワット・プラパイ・ルアンより西側にあります。こちらのチケット売り場で100バーツを支払いチケットを購入。

01チケット売り場

入口から正面に建物が見えます。既に仏様のお顔が確認できますね。

02ワット シー チュム

モンドップ

正面からモンドップ(仏像を祀る仏塔)を見たところ。

03ワット シー チュム

礼拝堂でしょうか、モンドップの前には基壇と石柱があります。

04ワット シー チュム

07ワット シー チュム

礼拝堂の真正面に立つと大仏様のお顔は見えませんでした。

05ワット シー チュム

少し横にそれると見えます。

06ワット シー チュム

モンドップの壁には絵が描かれていたようで、かすかにそのあとが残っていました。

08ワット シー チュム

大きなアッチャナ仏

モンドップに入ると大きな大きな大仏様が鎮座されています。

09ワット シー チュム

この白い大仏様はアッチャナ仏といわれるそう。

10ワット シー チュム

アッチャナ仏にはお食事がお供えしてありました。

11ワット シー チュム

この手の大きさからも大仏様の大きさが分かるでしょう。

12ワット シー チュム

こちらで観光の方も参拝されていました。

13ワット シー チュム

モンドップから礼拝堂を見たところ。

14ワット シー チュム

建物いっぱいの大きさがあるので少し窮屈そうにも見えますが、優しいお顔の大仏様。

15ワット シー チュム

どの角度から見ても迫力があります。

16ワット シー チュム

右手の礼拝堂

モンドップの右手には礼拝堂がありました。

17ワット シー チュム

小ぶりではありますが雰囲気があります。

18ワット シー チュム

こちらの仏坐像のお顔もお優しい。

19ワット シー チュム

アッチャナ仏は必見

ワット・シー・チュムはモンドップに礼拝堂2つとシンプルな構造。そのためとても見学しやすいです。そして何といってもアッチャナ仏は必見。モンドップいっぱいに堂々とそびえるお姿は圧巻です。入場料が必要ですが、ぜひ訪れたい寺院ですね。

20ワット シー チュム

※マップが曖昧になっている場合があります。ご了承ください。

  • スポット名
    ワット・シー・チュム
  • 料金
    100バーツ
  • 住所
    Wat Si Sawai Sukhothai
  • Wat Si Sawai Sukhothai
  • 営業時間
    6:30〜18:00 土曜 6:30~21:00(ライトアップは土曜の18:00~21:00)

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
No.2
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.3
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
No.4
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック