サッポロビール博物館を見学【テイスティングあり】|北海道札幌市

サッポロビール博物館

降りしきる雨の中、札幌市東区にあるサッポロビール博物館に行ってまいりました。せっかくだからと歩いて向かっている途中に雨が降りだし、ちょっと濡れながらも何とか到着。

外観

館内への入口はこちらです。

入口

館内に入るとすぐにエレベーターがあるので、これで3Fへ。

エレベーター

3F

3Fは広々とした空間。

3Fビールづくりの原点1

ビールづくりの原点が紹介されています。

3Fビールづくりの原点2

歴史年表もありました。

3Fビールづくりの原点3

ビールの原料と、サッポロビールの原料へのこだわりの展示。

3F大地の恵み

歴代のビンや広告。なんかここだけ駄菓子屋さんのような雰囲気でワクワクしますね。

3F歴代ビン垂れ幕など

3Fから2Fへの螺旋階段の中央にそびえる煮沸釜。とにかくデカいです。

3F煮沸釜

2F

2Fへ降りると歴代の垂れ幕。これも味があっていいですね。

2F歴代垂れ幕

サッポロビールの看板商品、黒ラベル。この黒ラベルストーリーでは黒ラベルの魅力と歴史を知ることができます。

2F黒ラベルストーリー

黒ラベルストーリーを抜けるとそこはサッポロ・アドコレクションだった。

ポスター1

サッポロ・アドコレクション

歴代の広告が一堂に会してます。

ポスター2

序盤は絵で、有名人の方も出ていないようです。

ポスター3

美術館のようで見ているだけで楽しい。

ポスター4

徐々に写真にシフトしていき、有名人の方も見受けられます。

ポスター5

往年の大スターも多数いらっしゃいますね。

ポスター6

この辺になると私もリアルタイムで見たことがあるようなないような、そんな気になりました。

ポスター7

こちらはもう最近ですね。

ポスター8

ビヤコミュニケーション

サッポロ・アドコレクションの背中向かいにはビヤコミュニケーション。私は未体験ですが、見学ツアーだと色々と説明していただけるようです。

2Fビアコミュニケーション

素材と商品の紹介

その奥には北海道の素材の紹介。

2F北海道はサッポロビール

商品の紹介もあります。

2F商品紹介

テイスティングコーナー

2Fの見学が終わると、1Fはお待ちかねのテイスティングコーナー。既にここでもメニューの案内が出てます。たかぶります。

1Fテイスティング案内

1Fに降りると券売機があるので、ここでチケットを購入する流れ。

1Fテイスティングメニュー

テイスティングコーナーはまるでオシャレなレストランのような雰囲気。ここで優雅にビールを嗜むのです。

1Fテイスティングコーナー

今回、私が注文した3種類のみくらべセット。サッポロ生ビール黒ラベル、サッポロクラッシック、開拓使麦酒を味わうことができるお得なセットです。これでなんと500円。ワンコインでいただけちゃいます。

1F3種類のみくらべセット1

ビールの下にはそれぞれのビールの説明。勉強にもなります。

1F3種類のみくらべセット2

サッポロクラッシックの顔ハメ看板もありました。

1F顔ハメ看板

ビールにさほど詳しくはない私でも楽しめる展示。リーズナブルで美味しいビール。ほろ酔い気分のいい気分でバスに揺られて帰ってきました。

  • スポット名
    サッポロビール博物館
  • 料金
    見学は無料
  • 住所
    海道札幌市 東区北7条東9-1-1
  • 海道札幌市 東区北7条東9-1-1
  • 電話番号
    011-748-1876
  • 営業時間
    10:30~18:30(入館は18:00)
  • 休業日
    毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休館日
  • 駐車場

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
大相撲九州場所のチケット・座席・会場・現地での楽しみ方情報まとめ
大相撲九州場所のチケット・座席・会場・現地での楽しみ方情報まとめ
No.2
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
No.3
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.4
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック