日本三名園のひとつ!偕楽園|茨城県水戸市

こちらは藩主の間。その名の通り藩主(斉昭公)がお成りのさいにいらっしゃった部屋です。

49好文亭藩主の間

こちらは西広像。

50好文亭西広像

二階へ登る階段はけっこう急です。

51好文亭階段

ここは武者控室。二階にあたります。

52好文亭武者控室

階段の踊り場はこんな感じです。

53好文亭踊り場

好文亭の三階。

54好文亭三階

55好文亭三階

縁側からは眺める景色はいいもんです。

57好文亭三階からの眺め

これは配膳用昇降機。下で作ったお膳や酒肴を運ぶためのものです。

56好文亭配膳用昇降機

好文亭の三階は楽寿楼というそう。南の八畳間が正室だそうです。

58好文亭楽寿楼

楽寿楼と書かれた額もありました。

59好文亭楽寿楼

こちらは先ほど見た膳用昇降機の一階部分。

60好文亭配膳用昇降機一階

好文亭は非常に見どころが多かったです。

61好文亭外観

偕楽園内

好文亭を見学後は再び偕楽園内を散策。

62偕楽園内

こちらの偕楽園記碑には、偕楽園の名前の由来や創設理由、利用心得などが斉昭公の直筆で記載されています。

63偕楽園記碑

こちらは園内にあった井戸。

64偕楽園井戸

季節外れでしたが、こちらは藤棚です。開花時期は4月〜5月ごろ。

65偕楽園藤棚

この松は御幸の松。1923年(明治23年)に明治天皇皇后両陛下が行幸啓されたのを記念して植樹したもの。虫害によって枯れてしまいました。現在の松は1974年(昭和49年)に昭和天皇皇后両陛下が第29回国民体育大会にご臨席なされたのを記念して植樹されたものです。

66偕楽園美幸の松

こちらは東西梅林。

67偕楽園東西梅林

梅の名所としても有名な偕楽園。開花時期は2月中旬〜3月上旬ということです。

68偕楽園東西梅林

偕楽園には門がいくつかあり、こちらは西門。

69偕楽園西門

これは東門です。

70偕楽園東門

この御成門は1890年(明治23年)に皇后が好文亭に行啓されたさいに新設された門ということです。

71偕楽園御成門

とても広くて見どころも多い偕楽園。好文亭も見応えがあります。今回の訪問ではいずれも季節外れでしたが、梅や藤、桜などが咲いている時期はもっと綺麗なことでしょう。

  • スポット名
    偕楽園
  • 料金
    大人200円 小人100円
  • 住所
    茨城県水戸市常磐町1-3-3
  • 茨城県水戸市常磐町1-3-3
  • 電話番号
    029-244-5454
  • 営業時間
    7:00〜18:00(10/1〜2/19) 6:00〜19:00(2/20〜9/30)
  • 休業日
    年中無休
  • 駐車場

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
せきとり本店|新潟県新潟市|半身から揚げカレー味
せきとり本店|新潟県新潟市|半身から揚げカレー味
No.2
リーズナブルな食事処!心鮮|愛媛県松山市
リーズナブルな食事処!心鮮|愛媛県松山市
No.3
熊本地震の体験談
熊本地震の体験談
No.4
アユタヤのバンラン ナイトマーケットで夕食|タイ
アユタヤのバンラン ナイトマーケットで夕食|タイ

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック