帯広名物!いっぴん帯広本店で豚丼|北海道帯広市

ドンキホーテの向かいにあるいっぴん帯広本店

北海道帯広市にあるいっぴん帯広本店に行ってまいりました。MEGAドン・キホーテ西帯広店の向かいにあるお店です。

01外観

店頭には大きな看板も出てました。

02看板

いっぴん帯広本店の営業時間は11:00~21:00まで。

03営業時間

店内

店内は右手に厨房と向かい合ってカウンター席。左手にはテーブル席があります。

04カウンター席

卓上にはコショウや唐辛子、山椒といった調味料が用意してありました。

05調味料

いっぴん帯広本店は炭火焼き。高温で焼いて肉の旨みをとじ込めてあるそうです。

06炭

メニュー

メニューは豚丼と豚汁、味噌汁がメイン。豚丼は普通、ご飯少なめ(ご飯のみ少なめ)、大盛り(ご飯のみ大盛り)、特盛り(肉のみ大盛り)、特特盛り(ご飯と肉大盛り)、ハーフ(ご飯少なめ肉半分)、ハーフ大盛り(ご飯普通で肉半分)とサイズがあります。今回は普通の豚丼(780円)を注文しました。

07メニュー

また他には豚皿や漬物、梅奴、杏仁豆腐、ゼリーなどもあります。豚丼や豚汁、味噌汁などはテイクアウトも可能。飲み物はビールにウーロン茶、サイダー、オレンジジュースとなってます。

08メニュー

注文についての詳しい説明もありました。

09オーダーのポイント

いっぴん物語というマンガもあります。

10いっぴん物語

注文するとお水とお茶、お手拭きを持ってきてくださいました。

11お水とお茶

豚丼

こちらがいっぴん帯広本店の豚丼。フタの下から肉がはみ出てます。

12豚丼

フタをあけると見事に焼き上がった豚肉が姿を現しました。白髪ネギがトッピングしてあります。

13豚丼

味噌汁(120円)も付けました。

14お味噌汁

香ばしく、炭火焼きの趣をとても感じられる焼き上がり。表面は引き締まっていて歯ごたえがありつつも、全体としては柔らかいです。

15豚丼

タレはほんのり甘めで、しっかりと粒が立っているご飯が進む。豚肉の旨み、脂身からの甘み、そしてタレが一体となってハーモニーを奏でていました。

16豚丼

特製の豚丼のタレも販売されているいっぴん帯広本店。これがあればいっぴんの豚丼を家でも楽しむことができそうですね。

17豚丼のタレ

  • スポット名
    十勝豚丼 いっぴん 帯広本店
  • 住所
    北海道帯広市西二十一条南3-5
  • 北海道帯広市西二十一条南3-5
  • 電話番号
    0155-41-1789
  • 営業時間
    11:00~21:00
  • 休業日
    元日
  • 駐車場

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
西郷隆盛が設立した私学校跡|鹿児島県鹿児島市
No.2
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.3
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
No.4
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック