アイヌ民族の聖地!ノツカマフチャシ跡|北海道根室市

アイヌ民族の聖地であったチャシ

北海道根室市にあるノツカマフ1・2号チャシ跡に行ってまいりました。根室半島の根室湾側の海岸近くにあります。この雑木林の向こうにチャシ跡があるとのこと。

01入口

雑木林を抜けると草原が広がっています。

02海岸

道というか轍(わだち)のようなものがあったので進んでみました。

03草原

04草原

道なりに行くと看板があります。ちなみに向かって左手がノツカマフ2号チャシ、右手が1号チャシです。

05ノツカマフ1 2号チャシ跡

まずは2号チャシのほうへ行ってみました。

06ノツカマフ1 2号チャシ跡

高山植物のようなのが生えていて、個人的にはこの風景も好きです。

07ノツカマフ1 2号チャシ跡

ノツカマフ2号チャシ跡。チャシとはアイヌ語で”柵囲い”という意味で、砦や見張り場、祭祀を行う場所です。色々な用途がありますがアイヌの方々にとっては神聖な場所でした。

08ノツカマフ2号チャシ跡

ノツカマフ2号チャシ跡から見た海岸線。ノツカマフ2号チャシは海岸から半円形の壕で囲まれていたようです。

09海岸

続いては1号チャシ跡へ。

10ノツカマフ1 2号チャシ跡

こちらがノツカマフ1号チャシ跡です。

11ノツカマフ1号チャシ跡

この窪みは壕の跡でしょうか。1号チャシには2つ半円形の壕があったそうです。チャシ跡からは北方領土の国後島や歯舞群島が見えるそうですが、この日は曇天だったので見えませんでした。遠くの島が見えるとはさすが見張り場だっただけはありますね。

12ノツカマフ1 2号チャシ跡

ノツカマフとはアイヌ語で”岬の上にあるところ”という意味。1754年ごろに松前藩の役人など日本人が住むようになりました。しかし日本人がアイヌ民族にたいして暴力的な支配をしたとして1789年には「クナシリ・メナシの戦い」がおきます。松前藩は鎮圧隊を派遣し、アイヌの方々を処刑したということです。これを機に根室の中心はこのノツカマフから根室湾のほうへと移りました。

また根室にはここノツカマフ以外にも多くのチャシ跡が残っており、そのほとんどが根室半島の根室湾側の海岸近くにあります。この地方はアイヌの方が多く住んでいたんでしょうね。今の北海道が日本なのも幕府ひいては松前藩のお陰とはいえ、後から来た日本人がアイヌの方々にした仕打ちは許されることではありません。これは忘れてはいけない事だと思います。

  • スポット名
    ノッカマフ1号2号チャシ跡
  • 料金
    無料
  • 住所
    北海道根室市西浜町7丁目 ノッカマフ1号チャシ
  • 北海道根室市西浜町7丁目 ノッカマフ1号チャシ
  • 電話番号
    0153-25-3661
  • 営業時間
    見学自由
  • 休業日
    見学自由
  • 駐車場

おすすめ記事

トップページへ

週間ランキング

No.1
大相撲九州場所のチケット・座席・会場・現地での楽しみ方情報まとめ
大相撲九州場所のチケット・座席・会場・現地での楽しみ方情報まとめ
No.2
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
加治木名物!加治木まんじゅう 新道屋|鹿児島県姶良市
No.3
熊本のつけ麺・油そばまとめ
熊本のつけ麺・油そばまとめ
No.4
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市
西郷さんのご子孫のお店 K10カフェ|鹿児島県鹿児島市

ランキングをもっと見る

SNSでも更新をチェック